飛野原本線

飛野原本線(ひのはらほんせん) とは、低東地高?から飛山?を経て久慈田?へ至る鉄道路線。

概要

低東の中部を左右に横断する路線である。地高~塚戸は飛択鉄道が、塚戸~久慈田は西低東鉄道が運行する。

地高から先は瀬高道線とつながっていて、その先の択田駅から飛山駅までを飛択本線の別名が与えられていて、択田近郊輸送区間として多くの客が利用する。

地高~塚戸の飛択鉄道区間は直流電化、塚戸~久慈田の西低東鉄道区間は交流電化となっている。

運行形態

普通列車は下記の区間で運用される。

  • 飛択本線 - 飛山
  • 飛山 - 盛上
  • 盛上 - 塚戸
  • 塚戸 - 具大
  • 具大 - 久慈田
  • Last Modified: 2018-09-20 (木) 01:13:22 (83d)