穂川郡

穂川郡とは、帝栄の西海岸の内陸部に位置する郡。

概要

昔より川の水が溜まる場所とされており、川に恵まれている場所から「穂川」という地名が付けられた。緑歴1978年からは東と接する伯島から西海岸までの道となる伯西街道が整備され、街道内の商店街及び農地として栄えてきた。2302年からは伯島が大都市として形成された事により、通勤通学に使うベッドタウンとして町から都市へと発展してきた。

北部は山岳地帯、南部は丘陵地帯となっている。帝栄は南半球のため、南部からの風を北部の山岳地帯で差し止めるようになっている。そのため、雨が降りやすく、帝栄の中でも湿度が高い。

中心都市は葉沼市。絵画に定評のある雨ノ原の出身地が市野苑市だったことから、文化施設が多い。また、伯西街道の中にあり、伯西=はくさい という名前から、白菜の生産地としても知られている。

交通

  • 州中鉄道?
    • 本線
    • 尼丘線
  • 伯川鉄道?
    • 伯川線
    • 潤集線
  • Last Modified: 2018-02-19 (月) 19:57:30 (296d)