帝栄

帝栄連邦(ていえいれんぽう)とは、帝栄大陸に位置する国。

概要

  • 首都:蔵戸(デクト)
  • 主な都市:海道(セーズウェイ)、伊府(イブラナズ)、蘇津(ソルジア)

南東部「帝栄大陸」に位置する国。ダンスペア同様、地方名、大陸名にも国の名前があり、超大国のひとつとされている。西の公伝から来た都環族が開拓したとされている。面積が広く、豊富な資源を持っている。そして鉄道に電気にコンピュータにインターネットと・・・情報技術を先駆けて開拓した。鉄道大国であり、技術大国。軍事設備はあまり豊富に揃えていないが、鉄道による高速輸送により、調達が素早く済むため、戦争には長年強さを維持している。しかし、最近は平和主義により、あまり軍事に積極的ではない。

気候は基本的に温暖で、極端な温度差は発生しない。首都は蔵戸で、最大の都市は海道。海道は規模ではダンスペア共和国のアルジナには及ばないものの、経済面でかなりの影響力を持つ。

この国は東南圏の人のみならず、デトラル圏の人も多く居る関係で、地名に2つの名前を持つことがほとんどである。例えば東南圏では帝栄連邦で、デトラル圏ではフェルズド連邦としている。国民生活では、基本的に東南圏の地名を使うことが一般的で、全ての地名に対応している。一方デトラル圏の地名は観光客向けとして用意されている。

鉄道の規模は世界で1番大きい。市民の足として路面電車も整備されていて、パークアンドライドも十分に整備されている。地下鉄の規模もかなり大きいが、路線図が複雑で観光客は乗り換えで迷うことは少なくない。 インターネット関連会社が多く、世界を支える会社の多くはこの国が発祥となる。かつてはハードウェアを扱う会社が多かったが、コストの関係で、今は隣の公伝公国が多くなっている。

郡一覧

歴史

前身のはじめと終わり

フェルズド連邦の前進は都環帝国であり、フェルズド大陸、サズア大陸東部を中心に領土を所有していたが、周辺諸国の侵攻が続き、1563年に滅亡した。

近世

滅亡後、東中諸国の努力の結晶として1624年にフェルズド帝国を建国。しかし、開拓はあまり進まず、200年間大きな発展はなかった。

長い間放置していた帝国を対処するために、1824年にフェルズド連邦統一計画が持ち上がった。それに伴い、フェルズド帝国がフェルズド連邦へと改名し、連邦制へ移行した。1842年にはヘルギア大規模戦争が発生した。この戦争に参加はしなかったものの、支援を行ったという。

近代

3千年紀を迎え、2015年には古代神祭がサズア大陸で行われたが、気づかないまま終わり、周辺の国に遅れを取っていた。当時は領土が広いだけで現在の国に当たる技術力が疎かになっていた。

2023年、ハヅツ帝国法を発行し、本格的にハヅツ帝国との貿易を結び始めた。後に2096年、古代神祭のことを知ったことを気に、技術開拓を始めた。遅れと取っていたことと、今まで見なかったものに興味を持った国は白羽の矢が立った。

鉄道と電気の先駆者へ

2108年、動力機関が開発されたことをきっかけに馬に替わる移動手段を提案した。その移動手段が鉄道であった。2124年に鉄道が開通し、ある意味産業革命の始まりとなった。

鉄道技術を取得し、さらなる発展のために電気という概念を開発も開発。2186年には電気機関が開発された。蒸気機関で悩まされた問題が解決される見通した。

その後の2248年に電車の稼働が成功。これまで貨物輸送が主流だった鉄道に新たな革命がまた起きる。

現代

技術開拓の成功に一役買ったフェルズド連邦は超大国という称号を得た。

2342年にはコンピュータシステムを提案。戦時中の中での提案はかなり余裕を持っていたようだ。その後コンピュータシステムの開発を続け、2380年に完成した。しかし、かなりの面積を占めるもので、なかなか実用的ではなかった。コンピュータシステムのさらなる応用のために、2392年には電波法則説を変更。2398年に携帯電話の開発に成功した。かばんに入れる電話は当時としてはかなり革新的だった。裏でも、コンピュータの開発はまだ進んでいった。

更には地球の範囲を広げて宇宙の開拓を進めていったが、ソガリダに抜かれてしまった。

  • Last Modified: 2018-02-19 (月) 20:00:23 (296d)