#author("2017-04-05T06:48:25+00:00","default:aokashi","aokashi")
#author("2020-02-18T11:12:56+00:00","default:aokashi","aokashi")
* 低東幹線 [#t06e8de1]
''低東幹線''とは、[[低東]]の各都市を走る[[幹線]](高速鉄道)を運営している鉄道会社。

** 概要 [#uaa99e9d]
2410年、当時幹線を所有、運営していた[[低東国鉄>低東国有鉄道]]の経営悪化に気付き、民営化した鉄道会社。当時は在来線の高速化が著しかった。民営化直後は高速化に力を入れたことで、サービス向上に一役買った。その影響は[[帝通社>大帝都交通社]]の破綻に追い打ちをかけた程でもある。後に帝通社は破綻し、[[高東鉄道]]に鉄道路線を譲渡した。しかし、高東鉄道は生かしきれなかった帝通社の高速化技術を活用し、高速化をすすめるなど、現在は価格と速度で在来線と競争をしている。
2410年、当時幹線を所有、運営していた[[低東国鉄>低東国有鉄道]]の経営悪化に気付き、民営化した鉄道会社。当時は在来線の高速化が著しかった。

民営化直後は高速化に力を入れたことで、サービス向上に一役買った。その影響は[[帝通社>大帝都交通社]]の破綻に追い打ちをかけた程でもある。後に帝通社は破綻し、[[高東鉄道]]に鉄道路線を譲渡した。しかし、高東鉄道は生かしきれなかった帝通社の高速化技術を活用し、高速化をすすめるなど、現在は価格と速度で在来線と競争をしている。

- 速度については低東幹線が有利である(最高時速290km/h)
- 在来線特急は速度と価格の両立を実現している(最高時速180km/h)
- 価格については在来線の普通電車が有利であるが、低東幹線と比べるとかなり遅いため、中距離輸送以外は向いていない

現状、高速化の余裕はあるものの、これ以上上げると消費電力や騒音の面で不安が残ると言われている。

* 路線一覧 [#sbf394a4]
- [[瀬高道線>低東幹線瀬高道線]]
- [[西中央線>低東幹線西中央線]]
- [[北岬線>低東幹線北岬線]]
また、低東幹線の瀬高道線では [[南央]] や [[新南]] 方面と直通運転を行っているため、国際幹線という位置付けになっている。

** 路線一覧 [#sbf394a4]
- [[瀬高道線>低東幹線瀬高道線]] ... [[瀬賀]] ~ [[地高]]
- [[西中央線>低東幹線西中央線]] ... [[地高]] ~ [[久慈田]]
- [[北岬線>低東幹線北岬線]] ... [[地高]] ~ [[華久]]

瀬高道線は、[[瀬賀]] から先は [[南央国鉄>南央国有鉄道]] の [[南央国際線]] と [[新南国鉄>新南国有鉄道]] の [[志神高速線]] に直通運転を行っている。