高東本線

高東本線とは、高東鉄道が所有、運行する鉄道路線。

概要

瀬賀都内を走る鉄道路線で、基本的に経由路線として機能する。そのため、線内完結運用が少なく、他路線からの直通が多い。

また、高東鉄道の各路線は地下鉄からの直通運用を普通に割り当てることが多いため、普通種別の運用が少なく、日中は急行か快速が中心となって運行する。瀬賀都鉄道中央線と並走しており、その路線では各駅停車として、高東本線では快速運転として停車駅を分けているが、高東鉄道が普通として運行する場合は瀬賀都鉄道中央線に直通する場合がほとんどである。

沿革

この鉄道路線は低東国の運輸社が所有、運行を行った。

  • 2152年 - 瀬賀都〜的成間着工
  • 2168年 - 瀬賀都〜的成間開業
    低東国初の鉄道として開業した。
  • 2302年 - 鉄道事業独立に伴い、大帝都交通社所属になる
  • 2418年 - 帝通社の解散に伴い、高東鉄道所属になる

駅一覧

市区町村駅名(ひらがな)普通急行快速快速特急備考
瀬賀都 富荘区越羽(えちば)
京荘橋(けいそうばし)
市谷木(いちやぎ)
瀬賀都 秀道区飯松町(いいまつちょう)
田園大町(でんえんおおまち)
保須谷(ほすや)
三ツ木谷(みつぎたに)
佐馬蔵(さばくら)
瀬賀都 中賀区近堂橋(きんどうきょう)
中賀町(なかがちょう)
瀬賀都(せがと)低東幹線は乗り換え
  • Last Modified: 2019-11-30 (土) 20:37:11 (131d)