飛択鉄道

飛択鉄道とは、低東国?に鉄道を保有、運行する鉄道会社。

概要

23世紀、低東国の地高から飛山への貨物及び観光輸送として開業。地高の都市機能を択田へ移転した後は択田へ延伸。後に択田を南へ延伸し、瀬高道線の一部を形成した。2390年代には地下鉄南北本線と直通運転を開始。その他にも幾つかの支線が存在する。

路線一覧

本線
飛山、地高、択田、海須を経由する主力路線
西峰線?
峰担へ至る路線で、本線に次ぐ主力路線
桜中線?
本線と西峰線との連絡路線
三線軌条で、普段は狭軌18m車体で運転している
明神線?
明神から明神ドームまでをつなぐ路線で、本線の各駅停車と直通運転を行っている

車両

  • 1000系
  • 2000系

3000系:2378-

急速な経済成長に応えるために量産した鉄道車両。経済、効率、耐用を重視して長い間製造、運用してきている。更新工事を全編成施しているが、老朽化が進み編成単位での廃車が進んでいる。

4000系:2404-

3000系運用開始から25年以上過ぎていて、陳腐化が進んだ状況から導入。塗装のメリットを捨ててオールステンレス車体を採用。以降は18年サイクルで新系列を導入することになった。

5000系:2422-

4000系の後継で、当時の新技術を取り入れてきた。ビートプレス工法を採用したオールステンレス車体を採用。2432年からは凹凸を無くし、灯具の位置も変更した。

6000系:2440-

3000系以来の塗装を実現した車両で、アルミニウム合金を採用。IT化が進んだ今に応じて、LCDの設置やデジタル機器の多様を推し進めている。

関連項目

  • Last Modified: 2019-11-30 (土) 20:37:10 (48d)