峰択鉄道

峰択鉄道とは、低東択田?から峰担?までを中心に鉄道路線を所有、運行している鉄道会社。

概要

低東の中央にある山間部から採取される農産品や砂利、木材などの輸送を目的に峰択本線が開業。緩い坂が多いため、平地の多い飛択鉄道とくらべて工事は難航した。

2370年代に入ると国際空港の建設場所が峰担?に決まり、陸蒲空港?へのアクセス路線として担うようになった。

空港のアクセス路線として運用されているため、大手私鉄の中で収益は順調な方である。運賃は安価ではないものの、車内サービスの良さから利用者からは好評である。一方で、種別数を減らすために路線内の種別変更が多いため、困惑する人も少なくない。

路線一覧

本線
択田の商茂から峰担を経由し、秩導へ至る路線
陸蒲線?
択田の朱比から本線を交差し、陸蒲空港へ至る空港へのアクセス路線
かつては本線から分岐していた路線だった
南原線?
阪至から分岐し、唐津や峰担南部を通る路線

車両

2390年の型番改変以前は「系」ではなく「形」と扱っていた。このような形式は「旧型形式」と言われていた。

  • 600形 - 最後の旧型形式を持つ車両。見た目も性能も陳腐化していたものの、安定して走行できて、郊外路線の団体用として残している。
  • 1000系 - 新型形式、の名を持つ車両。2390年より運転開始。
  • 2000系 - 2420年より運転開始。車体は1000系をベースとしているが、時代に合わせた仕様変更やアルミニウム合金車体の採用が行われている。
  • 6000系 - 2432年より運転開始。地下鉄線の直通のために運行開始。10両固定編成だが、扱いにくさが災いとなり、後述の3000系へ中間車へ渡したり、余って放置したりしている。
  • 3000系 - 2443年より運転開始。
  • Last Modified: 2019-11-30 (土) 20:37:09 (48d)