大基ヶ谷高速鉄道

大基ヶ谷高速鉄道(おおきがやこうそくてつどう)とは、低東択田?の周りにある地高?郡や峰担?郡、海須?郡を走行する大基ヶ谷高速鉄道線?を所有、運行している鉄道会社。

概要

2300年頃、択田の外を走る鉄道路線として大基鉄道を設立。需要が少なかったためか、開業当初は単線の非電化路線であった。2370年頃になると沿線の宅地化開発を見越して用地買収を行ったが、目立った変化は起きなかった。

2390年を過ぎると都市の一極集中を避けて択田周辺の都市にベッドタウンや教育施設、オフィスなどが建設された。それと同時に需要が高くなり、電化や複線化が必要になった。2392年より工事を開始、2406年に全線電化、複線化となった。高速化も兼ねて、社名も現在の大基ヶ谷高速鉄道へ変更した。

海須から峰担、地高を択田を通らずに利用できるため、利便性は高いが、高い建設費のため、運賃は高い傾向にある。一方で、バリアフリーに力を入れたり、空港アクセスができたりと他の鉄道会社と差を付けている。

鉄道路線

./大基ヶ谷高速鉄道線
地択鉄道から府須、阪至、括芳と、択田の周りを走る主力路線
./陸蒲空港線?
大基ヶ谷高速鉄道線からの分岐路線で、日中は急行電車が乗り入れる
  • Last Modified: 2019-11-30 (土) 20:37:09 (48d)